我が家の新築戸建(建売)購入のきっかけ

我が家は去年(2012年)の三月に、今まで住んでいた賃貸マンションから、現在住んでいる新築建売戸建住宅へ引越ししました。元々いつかは戸建にしろマンションにしろ、新築の住宅を考えていました。引越しをした直接のきっかけとなったのは、実の父が亡くなったことです。私の両親が住んでいた家(イコール私の実家)は実父の古くからの知り合いが所有していた賃貸型の戸建住宅でした。比較的安価でそこの家賃を設定してもらっていましたが、実父の逝去・建物の老朽化等を理由に退去(強くは言われませんでしたが)を要請されました。そこで主人と相談し、その時住んでいた賃貸マンションで実母と同居する事を伝えました。主人は快く承諾してくれましたが、実母が気を使ってしまって断りを入れてきました。どうしよう、と思うか否かのタイミングで主人が、「じゃあこの近くで売出しが始まった戸建の新築住宅にしよう。」と言い出しました。主人の言い分としては、マンションだと居住スペースがフラットでどうしても気を使ってしまうけれど、3階建ての建売ならフロアで分けられるから気を使うことも少ないだろう、との事でした。肝心の金銭面も、今までの家賃プラス駐車場代と大差が無かったため、すんなりと購入に向けて動き出せました。慌てて購入した感は否めませんが、一年以上経った今でも今の家庭環境つくりはベストな選択だと思います。

歯科技工の顕微鏡を格安で販売してるところを教えて下さい。

アンケート集計

就業規則 料金

東京で人気のかけっこ教室に子供を通わせています。

千葉病院